不用品処分にはお金がかかる?

不用品処分にはお金がかかる?

不用品を捨てられない一番大きな理由は「料金」の問題だと思われます。

 

 

 

環境を守る循環化社会を形成するための3R(リデュース:減らす、リユース:繰り返し使う、リサイクル:再資源化)が大きくうたわれている昨今、家庭や企業から排出されるゴミ・不用品を最低限に抑え、排出されたものも再資源化しようとする取り組みが自治体や企業、団体などで盛んに行われています。

 

 

 

これまで、家庭から排出された不用品はただのゴミとなり、埋め立てられるしかありませんでした。しかしリサイクル・再資源化するための技術がどんどん発展していくにつれて、廃棄物を全く新しい品物へと生まれ返らせることができるようになりました。リサイクルするためには運搬・分別・再資源化とさまざまな費用かかかります。

 

 

 

現在日本では物を使った人、売った人、作った人がそれぞれ費用を分担するという制度になっています。ですから消費者も不用品を処分するのに料金を支払わなくてはいけないのです。

 

 

 

 

不用品処分にはお金がかかる?関連ページ

あなたの家にもある?処分したい不用品
あなたの家にもある?処分したい不用品
なぜ捨てられない?
なぜ捨てられない?
何でも買ってくれる?リサイクルショップ
何でも買ってくれる?リサイクルショップ
リサイクルショップを利用する
リサイクルショップを利用する
インターネットオークションを利用する
インターネットオークションを利用する
フリーマーケットを利用する
フリーマーケットを利用する
自治体の粗大ゴミ
自治体の粗大ゴミ
それでも売れないものは?
それでも売れないものは?
家電リサイクル法
家電リサイクル法
自治体の粗大ゴミ2
自治体の粗大ゴミ2
PCリサイクル
PCリサイクル
不用品回収業者のサービス内容
不用品回収業者のサービス内容
家1件丸ごと?
家1件丸ごと?
不用品回収業者、「無料」のカラクリ
不用品回収業者、「無料」のカラクリ
遺品整理
遺品整理
不用品回収業者の料金設定その2
不用品回収業者の料金設定その2
不用品回収業者の料金設定
不用品回収業者の料金設定
悪徳業者に気をつけよう
悪徳業者に気をつけよう
使えるものはリサイクル
使えるものはリサイクル
どんどん見積もりをとりましょう
どんどん見積もりをとりましょう
ムダをなくそう
ムダをなくそう
ゴミと資源
ゴミと資源
迷惑にならないように
迷惑にならないように